×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

--日記--過去ログ--040701-040731
04/07/31(さとま)
・たまたま立ち寄った古本屋にて↓を250円でゲット!!

天才・平野耕太先生による「進め!! 聖学電脳研究部」でございます
・実はこの本、定価が800円なのですよ。ちょっと高い。なので今回のお買い物はとても得した気分!ありがとうー、ブック○フさんー!キズもあまりなく、けっこうキレイな状態ですし、考えれば考えるほど値札の付け間違いとしか思えませんが、お礼の意味も込めて、宣伝させていただきますねー!
・さてさて、本作は「大同人物語」「HELLSING」の平野先生作品ですよー!ファンの方なら間違いなく作者買いですよね。表紙からすでに平野節炸裂です!でもこれ旧版が新声社で出ているので、そちらを買った人もいると思いますけどね。
・平野耕太と言えば、嘘カッコイイ台詞回しリアリティから少し逸脱した独特の作画で男臭さをこれでもか!ってくらい魅せつけるアクション漫画ですが、代表的な「HELLSING」を観て『暗そう』だとか『グロそう』だとか言って勘違いしている香具師は自らの愚行を反省しる! つーわけですけど、否定はしませんですよ、ハイ。確かに最近はクライマックスということもあって特に暗いしグロイですしね。ですが、ですがね、彼は病気なんですよ、病気。脳がヤバイ寄生虫に寄生されちゃってるんです。そこらへんは暖かい目で見てやってください。そして、単行本の楽屋裏を見てやってください。キチでガイなギャグのオンパレードですよ、ほんと。彼の遺伝子レベルでのかっこよさを感じとることができると思います。そりゃあもうお腹一杯になるくらい。そんな裏面を知ってしまうともうトリコですよ。手遅れなのですよ。
・なんかテンションが上がってきたゾ(w つーわけで、ガンガン紹介していくんで4649!
 
・主人公:西新井は全国レベルな格ゲーマーで、

ゲーセンでメガネ美少女ゲーマー綾瀬と運命的な出会いをし、その後彼女の所属する怪しさ爆発な「電脳研究部」に入部することになります
 

で、そこにいるのは超巨乳の先輩二人組と、
 

両手にバーチャガンを持って「37564(みなごろし)だぜっ!!」とかマジで叫んじゃったり
 



外見が詩織で性格が虹野で夜は鏡な娘を探し求めているダメダメな
部長さん達がたむろする怪しい場所だった
>「声が広末涼子」って所が時代を感じさせますなぁ
 


しかも、実は綾瀬はKOFの超やおい同人誌を作成したり、コスプレ衣装を学校に持ち込んだりしている腐女子っ娘だったりする
果して西新井くんの学園生活はいかに?!って感じでデス!
 
・一応学園ラブコメっていうジャンルになるんだけど、後半になるにつれて、主人公はだんだん馬鹿キャラになったりするあたりとか、寺門部長のダメニンゲン暴露っぷりとかを見ていて、つくづく平野先生にはラブコメが向いていないなぁとか思ったりします。噂では、コミケ前はきっちり原稿落としたとか、アスキーの忘年会に呼ばれなかったってことを同人誌に恨み言書いたとか聞きますし、なんかうまくいってなかったようですな、編集部と。これじゃアスキーがコミックス出してくれなかったってのもしかたないかもしれません。これだけおバカギャグ漫画を商業誌で展開して好き勝手書いてたわけですからねぇ…
・この漫画はファミ通PSで連載してたわけですが、当時、さとまもこの作品を途中から(第六話目くらい)ですが読んでました。あのギャグ漫画を描いてた作者が今のHELLSINGのような漫画を描くことになるなんて、とても想像できませんでしたね。ホント。
 
・さてさて、平野作品と言えば、楽屋裏。今回の新版では、旧版で空白だったページに平野的ゲームレビューが描いてあります。「あ」から始まって「わ」まで続きます。そこで、一番気になったのは「た」の、

田代まさしのプリンセスがいっぱい
うゎーうゎー、超やりてぇーー! ちなみにパッケージ絵はコレ。紹介ページは適当にググって見てみてください
 
・まぁ、そんなわけで、ちょっとでもゲーム好きならこの漫画は見れ!ってことです
 
 
・恒例の、管理人のどうでもいいハナシ。あと、平野さんっていったらエロ同人and成年コミックでしょう!とにかく女性キャラがエロイ。上の女性先輩達を見てみるとわかると思いますが、服のしわとかがスバラシイですね。数年前は見ていてそれほど気にならなかったんですけど、オタク文化に毒された今となっては(;´Д`)ハァハァものですね(ほんとダメダメだ…)
・さらにどうでもいいハナシ。CSのAT-Xで放送してる「水樹奈々 LIVE」の再放送観ながらコレ書いてるんだけど、やっぱ歌ウマイね、彼女。ヴィジュアルもいいし。モモーイのライブとはエライ違いだ(笑)
・続・さらにどうでもいいハナシ。時間の都合上というかこれ以上貼ると重くなるので、うpしておきながら使わなかった画像達→。あと、HP上に貼ってある画像はクリックすると少し大きくなって字が見やすくなります
 
・続・続・さらにどうでもいいハナシ。今日の川口すげぇーーーーーーー!感動した!!
 
04/07/30(さとま)
・昨日のサン・ジョルディについてミーポくん☆氏からの情報によると、
毎年4月23日は
サン・ジョルディの日」と呼ばれているそうで、ユネスコにより「世界本の日」に指定され、現在では国連の国際デー「世界図書・著作権デー」に指定されていたりします。で、4月23日が偉大な文学者、ミゲル・セルバンテスウィリアム・シェイクスピアの命日にあたることから、彼らに敬意を表して4月23日が「世界本の日」に選ばれたというわけですね
また、同じ日に、ヨーロッパのカタルーニャ地方では昔から女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る風習があるんだそうです。で、これは前述の聖騎士サン・ジョルディを祀るイベントだといわれてるそうです
・ハイ、勉強になりましたね
  
04/07/29(さとま)
・無事帰還!色々と大変でした。やはり二次会の場所を(テストがまだ終わっていない)沢紀洋氏の部屋で行ったのはヤリスギだったと思いまするよ、00800殿…。私は逃げてきましたケド
・えー、とりあえず何しましょうかね…、とりあえず先日買った小説を紹介〜
・読みさん、女子高生ですよ

大英図書館特殊工作部のエージェントである読子さんの今回の任務は女子高生に変装しての潜入捜査。大図書館の蔵書を発見し奪回しろ、とのこと。しかし、もぐり込んだ先は読書好き生徒(変人)ばかりが集まった「ごきげんよう」な禁断の園…。今回もピンチですよ、読子さん!R.O.Dを知らない人も、マリみてスキーな人も、さぁ今すぐこの「読子様がみてる」を読むがいいのですよ!
・さてさて、10巻目にしてのR.O.Dの外伝的ストーリーとなっているわけですが、やはり外伝ということで著者の倉田さんの奇才が存分に発揮され、見事なパロディに仕上がってます。なんていうか、くだけすぎ?な感じもしますが、特に文章。プロローグから作者視点の口語文がダラダラ続きます。いや、面白いから全然OKなんですけどね。とりあえず読んでみれココ
・しょっぱじめから、「ぶっちゃけありえなーい」「ていうか×ていうか」等のプリキュア単語が登場〜♪ しかも「ヤバイ」なんて単語は13回も登場しますし、倉田さんのノリノリだなぁ(笑) で、プロローグだけかと思いきや、なんと本編まで口語文が侵食していってます。いや、かなり面白いんで次回からもお願いします!倉田先生〜!!
・文章もヤバイんですけど、登場人物も相当ヤバイです

特に真ん中と一番下。三省洞(さんせいうつお)さんと、國屋紀伊くにやきの)さんです。間違いなく元ネタはコレコレだと思いますがね。後者なんて、苗字と名前入れ替えただけだし(笑) 倉田さんの遊び心が随所に見受けられます
・書泉さんだけはちょっと元ネタがわからないんですけど、彼女だけは真面目に作ったキャラなのかな?もしかしてかなりの伏線キャラだったりして…
・とにかく、まだ半分しか読んでませんが、間違いなく今作も良作です。リアル時事オタネタも多いですし、読んでいてあきませんよ!
・あと、表紙の帯を外せばパンティ-ラが見られますココ
 

・まぁ、ぶっちゃけ期待はずれだったと思いますがね

・どうでもはなし。泉ちゃんって若い頃の読子に似てるよね。洞はアニタにそっくり
・さらにどうでもいいはなし。この学園、サン・ジョルディ学園っていうんですけど、サン・ジョルディっつったら、竜退治で有名な中世の騎士の名前だったような気がするんですが、このあたりがどのように本編にかぶってくるのか楽しみです
 
・さらにさらにどうでもいいはなし。最近さとまはパワプロの話題を出しません。それは何故かというと、メモリーカード内のデータをパワプロ10のと間違えて消してしまったためです…orz また弱小からやり直しだよ…パワフル大学……○| ̄|_
  
04/07/28(さとま)
・ちょっとこれから友人宅に打ち上げ徹夜麻雀しに逝ってきます。更新は明日以降にでも
・動画公開しました。一部動画スレで話題になったハイメガっす。ボコボコにやられてますけど

04/07/2
7(さとま)
・レポートは全て書いた。テスト勉強は全て終了し、後は明日の電車内で丸暗記するだけだ!
…ということで、ちょっくら更新しにきたー
・色々と動画作成したので明日には公開できるかも →公開しました
・その他にも、何かキャプチャ系で漫画紹介しようかなー、とかたくらんでいたりします。27時間テレビ総集編ページも近々オープンさせたいですし。まぁ、ここのところテストやらレポートやらでストレス溜まってたんで、多少は暴走ぎみに弾けたいと思っちょります
・そういやぁ更新ストップとか言いながら更新してるし(笑)
 
・つーかアイツ等ほんとに更新しないのな!
 
04/07/2
5(さとま)
来週の水曜までリアルが忙しくなりそうなので、更新ストップします
・昨日キャプチャした27時間TVのキャプチャが結構残ってるんですけど、忙しいので編集できそうにもないです…。後日時間があれば特設会場を設けて公開しようかと思います
・昨日偶然見ることができたワンシーン↓

見たい方は画像をクリック!
 
04/07/24(さとま)
・迷いに迷った挙句、今週の週刊少年サンデーを購入ーーー!
ええ、もちろん改蔵のためですよ。人生で、最初で最後のサンデー買いかな? もしくは、次に買うときは久米田氏の新連載の時かも…
・やっぱいいわぁ、この最終回。泣けるね、マジで。ただの精神病院オチなんだけど、まさに改蔵にぴったりなオチであって、今まで笑えた部分が全部泣けてくる場面にみえてきて、そりゃあもう大変大変。ちたんなんかは、ずっと母親だと思っていた人が実は看護婦長だったなんて、素で泣けてくる場面だね。
・久米田先生、本当にお疲れ様でした
・本屋やコンビニで買いそびれた方のための秘密の企画ココ
・以前紹介した「かってに改蔵 ライブカメラ」の映像のまとめ(参考元:2ch)
>棒が左上の窓からこちらをじっとみている
>パソコンのモニタ(ウミの改蔵蹴り落とし)
>パソコンのモニタ(部長のフプロモ映像)
>パソコンのモニタ(真っ白)
>パソコンのモニタ(文字やら数字がズラーっと)
>中央左のロッカーの中の改蔵
>部長のドアップ→張り紙目隠し→怪しげなことを・・・
>雑誌を読む部長
>右の棚(隠し扉)から顔色が悪く頭にアンテナ立てた3人の子どもが歩き出す→部長が見てる
>白馬に乗った貴族
>オヤジのパンツの後ろに装着されたちたん
>大雨洪水警報→瓶詰ちたん
>山田家の映像(母、山田さん)
>月に見守られる山田さん
>ちたんの幽霊
>エクスカリバーピュアハート様
>ストリッパー校長(&ちたん)

この他にも温泉話の表紙に使われたお色気絵なんていうものが存在するらしいのですが、まだ一度も観たことがないんだよなぁ… いつになったら観れるんだよぉー!!
・あと、どうでもいいことなんですが、「かってに改蔵〜ふたりの46シティ〜」スレの1000ゲットしました。ハイ、どうでもいいことでしたね
  
04/07/23
(さとま)
渡辺オーナー仰天構想 巨人がパ・リーグ移籍へ
すげぇ、強烈なクロスカウンターだなぁ。考えもしなかった発想だ…。さぁ、どうする阪神の球団社長さん?
・世の中には、「かってに改蔵 ライブカメラ」というものが存在していたのですね…。最終回後に気づいたよ_| ̄|○
連載は終了したので、いつ消滅してもおかしくない企画です。まだ見てない方はどうぞ
・今週のファミ通より、
画像クリックで拡大できます
隠し機体でサイコMk-Uは確定かな?
普通にP99に登場すると書いていました。いやぁ〜うっかり見落としてましたよ、お恥ずかしい…。

04/07/22
(さとま)
ネタとして、こんな本を購入、

青春特急 電車でGO!学園」究極の電車運転士育成専門学校、その名も電豪学園!!これは未来の電車運転士をめざす美少女たちの青春学園ドラマである!…だそうです。どうやらかなり地雷臭い謳い文句な悪寒。
 

・コミックスの始め数ページはゲームの「電車でGO!」の歴史がカラーで紹介されています。こうしてみると結構ロングヒットな作品だったんですね。いや、私まったくこのシリーズはプレイしたことがないので、普通に驚きです。記事を読んでいるだけで欲しくなってきそうだ
・本編は3人の漫画家さんがそれぞれ「山手線編」「山陰線編」「新幹線編」を担当して描いてます。
 
・では簡単にレビューとか書いてみます。まずは「山手線編」から、
 
・どことなく、数年前の萌えアニメブームの時に時間が止まったような作画。今では、一部のマニア誌と成年コミックでしかその存在が確認できないとされています(えー
 

・子どもの頃に駅で迷子になり、その時に運転手のおじさんが彼女を目的地まで運転席に入れて連れて行ってくれた、という経験を持つ主人公。そのことで生徒会長に「運転手の行為は鉄道営業法第33条に反する行為であり、大事故につながる危険性をまねき入れたその運転手の責任はあまりにも大きい」と言われ、彼女はその運転手を弁護するために、生徒会長の「電車王決定大会でみごと優勝することができれば貴様の主張を認めてやらんでもなし」という誘いにのることになる。…なんかむちゃくちゃ強引だ
 
・ではここで、恒例の○×超特急クイズー!それでは第一問、「1885年に開設された駅は目黒・渋谷・新宿・目白・上野の5つではない?○か×か?

正解は、○だぁーっ!間違えた×は車両とともに泥沼一直線!
…つーか死人出るよ、このクイズ大会。
 
・えーでは次、「山陰線編」ー!

・山陰本線学科運転士実習試験を受ける主人公。鳥取から京都まで、ってことはかなりの長時間な試験ですなぁ。しかも試験は運転ではなく永遠と車掌仕事をすることに…地味だ
・しかも、途中で教官が腹痛で戦線離脱なオプション付き。そこで主人公が代わりに運転することに
・物語的には結構無難にまとまっていますね。オチも悪くなかったですし
・三枚目の、
教官「終点前は少し余計にブレーキをかけろよ! 乗客の思いで分だけ重くなっているからな!」
生徒「うわっ…」
教官「な…なんだ!名言とは思わんか?」

ナイス名言ですとも。二番煎じというより百番煎じくらいの名言ですが
 
・最後は、「新幹線編」いってみよー!

・主人公は加藤祭です(違っ
・さすがに、新幹線学科というだけあって、新幹線500系のぞみをモデルにした学園オリジナル教習車両"エリアル"を標準装備しておられます。ブルジョワジーな学園ですなぁ。
 

・おお、ラストで少女漫画ちっくな構図。それはそうと、真ん中の子、かなり巨人じゃねぇ?
 
・う〜ん全体的に、なんかよくわからない漫画ばがりでした。だもんでレビューも適当になってます
絵のレベルもバラバラで、萌え系・王道系・少女漫画系とジャンルもバラバラ…
言い換えれば、そう、同人誌みたい。
オタネタに徹して鉄っちゃんよ喜ばせるのか、鉄道を武器に学園青春モノを徹底するのか、どっちかに絞った方がよかったんじゃないかなぁ
 

・むしろ、巻末のオマケ企画の「車両トリビア55」や「現役覆面運転士超極秘インタビュー」の方が、ぶっちゃけ面白かった罠。

運「基本的には電車を止めて、トイレに行ってもいいことになってるんだよ、でも止めることはすごい勇気がいるんだよ。だからなかなか実行できない。それでずっと我慢してたけど、やがて限界が来て…。いい大人がやっちゃったよ(笑) それで、運転席の近くにいた子どもが『なんか臭い!』とか言っちゃって。ちゃんと換気してたんですが、やっぱりね(笑)」
これが実話なら、あんたネ申だよ!
 
04/07/21
(さとま)
・かってに改蔵 最終話 見たー
・う〜ん、なんかキレイ(○神○院オチ)にまとめていたなぁ。そうれはもう、続編を書くのが不可能なくらいに。さすがに個々の小さな伏線は未消化なままなものがけっこうありましたけど。でも、この漫画の最終回を描くのは至難の業だったわけで、これはこれで良かったのかも。個人的には、夢落ち→科特部室のベットの上で改蔵が目覚める→エンドレスワルツ、って感じが一番無難だとは思ってたのですがね
・前半の「おめでとう」の連呼ネタで始まって、最後は、「オタク」の外にも世界が広がっていて、改蔵の世界を卒業して「大人に」なりなさい、と。まんまビューティフルドリーマーですな!なんかは久米田先生らしいオタネタで〆てきましたね。最終回だったんでこれは良かったと思いますよ
・部長の笑顔も悪くなかったですし、最後でイイキャラになりましたし→2chうpロダから転載
・すぐにでも内容が知りたいかたは2chのこのスレへ
 
・いま気づいたんですが、かってに改蔵の最終回のラストに「久米田先生の次回作にご期待ください」って文章がなかったんですけど、これってどういうことでしょうかね…。他誌に移動、ですか?やっぱり打ち切りだったんじゃぁ…。でもラストはカラーだったし、美鳥と比べると断然こっちの方が優遇されてるっぽいんだよなー
・あ、どちらにせよなんかホント切ないねぇ…
 
・改蔵スレの739氏
>これで何事もなく来週掲載されていたら面白いんだが・・・
ってのはホントにありそうだなぁ。こち亀にも昔あったよね?
 
04/07/19
(さとま)
・Zガンダムの動画系サイトを数件追加しました
・現在もパワプロ11プレイ中ー
 
04/07/18(さとま)
・噂では、ZDX家庭版の発売は12月ではなく10〜11月が有力らしいですね
・12月発売だと、他の大作ソフトの一斉発売と思いっきりかぶりますし。たとえば、
ドラクエ8
→12月と思われるが、過去に何度も発売延期してきたので今作も延期の可能性アリ
メタルギアソリッド3
→12月17日アメリカで発売らしい? おそらく日本も同時発売
FF12
→アメリカでは年末〜正月発売らしい? なので、これもおそらく同時発売かも。あと、ドラクエ8が年内発売確定となると、FF8の時のように発売を少しずらす可能性アリ。その場合は1月下旬〜3月上旬
・まぁ、あくまで私の偏見ですので信憑性はかなり低いですけど。ただ、10〜11月発売説は流通関係者筋の話なので、少しは信憑性があると思いますがね
・だとしてもアーケード版が8月中旬稼働開始なので、まさにゲーセン泣かしな会社だなぁ…。ウチの近所では田舎なので、入荷はまずないでしょうケド・゚・(ノД`)・゚・  その分、Zを100円以下にしてほしいデス
・とにかく、2004下半期は大変なことになりそうですね…。「ZDX家庭版」と「機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ」とが重なりそうですし、個人的に「マグナカルタ」も買いそうな勢い。そこへ、12月になると上の3タイトルが御登場、と。大丈夫か、オイラの財布?
 
パワプロ11について、
・全日本編ですが、一回目のプレイでは運良くアメリカまでいってマイルマンに粉砕されました…。二回目以降は、キューバ戦での相手先発投手の調子が毎回好調以上で全く打てる気がしません…。こんなことでは、いつになったらマイルマン攻略できるのでしょうか…
・あと、パワフル大学で継承選手を4人ほど作ったのですが、何故か一人ずつしか登場しない。どうなってるんでしょう?もしかしてウチだけ?通例なら4人くらいは同時に登場してもおかしくないと思うのですがねぇ
・最近気づいたんですけど、週刊パワスポってかなりおいしいアイテムですね。5000円ですが、パワスポを読むイベント(ランダム)が発生するとアロマグッズ(6000円)とかビルドパワリンDX(8000円)とかが手に入ります。他にも「ゲッツー崩し」とか「流し打ち」とか、微妙に役に立つ能力を覚えたり。密かなマイブームですね、週刊パワスポ。
 
04/07/16
(さとま)
・まだサクセスしかしていませんが、簡単な感想を
・全体的な難易度は低い。初プレイ時でオールCは余裕
・試合がちょっと難しい。初戦の相手でも油断していると負ける。固有キャラ数が少ないのでかなり苦戦する。総試合数は少ないので、一つ一つの試合がかなり重要。栄光学院大学とアメリカは強すぎ。
・スカウト・監督の評価はかなり甘い。毎回二試合目までいけば、ドラフト6位は確実
・始めの趣味選択はテニスが一番無難。趣味を実行した時に、始めの2回(くらい?)は練習で、三回目からは大会に参加するようになる。国内の大会に優勝してから国際大会に優勝すると「センス○」習得。国際大会の優勝確率は20%くらいかな
・バイトは、早い時期に金を貯めてパワリンDXとビルドパワリンDXを大量に買っておくとサクセス後半にかなり有利に。その他の野球用具は金に余裕があれば購入しても良いが、4年生の6月までに宝くじだけは買っておいた方がいい気がする。当たるとかなりでかい…らしい。金を稼ぎたいのなら、地下の穴掘りのアルバイトのチンチロ勝負で一発勝負にでても面白いかも
・パワフル大学のマネージャーは、「不眠症」「弱気を治してくれることがある。非常に便利。もしかしたら「サボリぐせ」も治してくれるかも
・イレブン大のじゃけん勝負で3連勝すると「チャンス+1
・ガンダー(犬)が見ている時に練習すると、低確率で穴を掘るイベント発生。「トルマリンリング」や「リストバンド」を掘り当ててくれる
・データあれこれ→オリジナル選手を見る・消す・パスワード表示→「↑↑↓↓←→←→L1 R1」入力で様々な選手の能力が閲覧可能に
・メニュー画面で、「↑↑↓↓← → ← →スタート」と入力すると隠し球場登。キュピーンの音で成功。リセットするごとに無効になる
・とりあえずはこんな感じですかね…また何かあったら続き書きます
 
04/07/14(さとま)
・届いたーー!
cover
仕事速いね、トイ○ラスさん。今回も発売前日に御到着〜!AM○ZONさんとは大違いだね。いつもいつも助かってます、ホント感謝!
・広島の嶋、CBECDでサブポジ4ついてます!スゲー。ラロッカは、DBDDDです…。ちょっと低いかな?
・パワプロ11のセ・リーグの全選手の能力表示画面を撮った動画をうp。見たい人はどうぞ→阪神中日巨人ヤクルト広島横浜
・12時頃に今回のパワプロのOPうpします。たぶんすぐ消しますのでお早めに…。
 
04/07/11
(さとま)
・Zの動画ですが、次回からDivXに変えようかなと思います。ココから最新のコーデックをDLしてください。Jモランさんのところと同じコーデックですので、Jモランさんの動画が見れる方は無問題です。
 
04/07/09
(さとま)
・先日、

友人のてぃーえーさんに誘われて↑の試写会に行ってきました。サンクス!→公式HP
・舞台は19世紀のイギリス。少年発明家レイの大冒険を描いた空想科学冒険活劇。本作は、映画「AKIRA」で、世界中を驚かせた大友克洋監督のアニメ長編作品で、
製作期間9年総製作費24億円をかけて作られている。まぁ、9年っていっても数年間ほどお蔵入りしていたって噂もあるわけで…。あと、24億円も使っているだけあって絵がキレイ。しかもよく動く。CG完璧。音楽も、ハリウッドのスティーブ・ジャブロンスキーが担当していて、聞き応えのあるBGMでとても満足。
・あらすじとかは公式HPを観ていただくとわかると思うので割愛します。で、今回試写会で観てきた感想をダラダラと…、
 
・まず、
精密で細かすぎるほどの背景(特にロンドンの街並み)に感服。美術・作画スタッフの熱気というか気迫がビリビリと伝わってくるような力の入れようです。作中で登場する数々の蒸気マシンの鉄の質感は、重量感というか油っぽい感じがしてサビついたあたりなんかがリアルな感じでカッチョイイ!男の子心くすぐられる感じ。これらの蒸気マシンから発する蒸気の音も良かったですし、噴煙の描写もとても細かいです。
 
・次、声優陣。鈴木杏@主人公はあまりウマイとは言えなかったけど、子どもっぽい感じがよく表現できていて良かったです。
小西真奈美@ヒロインスゴイ普通に聴いてて声優さんかと思うくらいアニメ声になっていた。もしかして声優経験アリなのかな?とにかくはまり役。主役・ヒロインともに完璧。あとのキャストは、役者を使った中途半端で無難なキャスティング。例えば、ロバート@児玉清は普通すぎて何の面白みもなかった。ときどきキャラに合ったピッタリの声で演技されるときもあったんだが、どうもしっくりこない。他にも、主人公の祖父@中村嘉葎雄は、キャラクタが早口になると、彼自身の言葉の呂律が回らなくなります。もう何をいってるのかサッパリ…。それでも頑張って演技されてるようなので、真剣に聴いていたのですが、一度気になってしまうともう笑いが止まらない。感動する場面だったのだがなぁ。極めつけはデイビッド@沢村一樹でしょうな。少々ヘタレぎみの声に、ヘタレぎみのキャラクター。これはもう終盤を予想するのが楽しみで楽しみで、初登場シーンからずっと期待してみてました。案の定、終盤でヘタレてきて「キター」と心の中で騒いでいたのですが、中途半端に不発に終わりなんだかガッカリ。ラピュタのムスカデジテイの山木室長のようにはなりませんでしたね。それでもまぁ十分ヘタレキャラでしたが。あとは、子役で出ていた声優さんが結構豪華でした。気になる方は劇場で要チェック。
 
・最後はシナリオについて。序盤は完璧です。テンポが良く、話がよくまとまっています。ですが、中盤あたりからグデグデ感がして、終盤になるとシナリオがヘタレてきます。ラストのまとめ方も、なんかいいかげんだな…って感じでした。EDでは、後日談というか、本編終了後の世界みたいなものを止め絵で表現しています。なんか、「あと30分あれば完結できた」とか「続編作りたかった」とかっていう大友氏の
心の声が痛いほど伝わってきましたね…。
 
・話は戻りますが、作中で主人公がヒロインの蒸気機械を直してあげるイベントがあったんだけど、これはもしや…エンディングの後日談のフラグか?と期待してたのですが、全く関係なかったようです。どうやら私はアニメとギャルゲーに毒されすぎていたようで…。それにしても、EDはもうちょっとなんとかしてほしかったなぁ。萌えには全然期待はしてなかったので、カップリング的な何かは欲しかったところ。
 
・アニオタ&声優オタの視点で書いたので、一般人とは少し感性の違った感想になってますが、これだけは間違いなく言える、
これ、
面白い!1時間30分あたりまでなら、ね。ラストでちょっと飽きてくる。やぱりアニメで2時間以上は観ていてキツイよ。
 
04/07/08
(沢紀洋)
・いやいやいや、ちゃんと働いてるちゅーねん。
・では、今回は究極の駄文でも…
今日初めて硬式テニスっちゅーのをしました。全くの初心者な私ですが、テニプリ読者の知識をいかしてプレイ前から妙に自信満々ガンパレード状態。心の中では「まだまだだね」の発音練習がこだまする中、張り切ってサーーーーブ! ……アレ?まっすぐ飛ばない?つーかレフト方向に大ホームラン? こんなはずでは…_| ̄|○ 仕舞いには友人(非オタ)に「まだまだだね」と言われてしまう始末
まぁね、今回は心の準備ができてなかったからね。サンダルだったし、ワシ。後言い訳ですけど。
・滝のような汗をかいた後、帰りの電車内で爆睡
 
・帰宅後、トリビアが始まっていて禿しく鬱…。でもまぁ今回は総集編だったので、たいした被害も無くてヨカッタです。自分的バカ受け作品の一つである「スフィンクス前で記念撮影をする武士」の話も観れましたし。
・で、その次の「スフィンクスの目線の先には今ケンタッキーフライドチキンがある」っていうのは、ここのサイトで実際に検証されています。…なるほど、新事実ですな…。
 
・先日の00800氏の雑記の補足、
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の監督とシリーズ構成は、福田己津央氏と両澤千晶氏で確定らしいです。もうたねぽ…
→http://d.hatena.ne.jp/moonphase/
 
・アクセスログを見てみると、検索エンジンを使って訪問される最近の方の検索ワードが全てスキャットウルトラマン」だったっりします。まだまだHOTなんですねぇ〜。では誘導しておきます→040702の雑記です
 
・話かわりますが、堤オーナーの3軍構成案、禿しくマンセーであります!
 
04/07/07(さとま)
・更新が遅れました、スミマセン。てゆーか、これからも遅れるかもしれません。というのも、もうすぐテスト週間に入ってしまいます
・一応、このHPも管理人が私の他に2人もいるのですが、他の二人(00800氏&沢紀洋氏)が全く働かない気が向いたときだけ日記更新するため、私だけでの更新はかなり不可能な気がします。動画公開なんてとても無理っす…。ということで、ちょっとサボりぎみになります。
・まぁ、駄文日記ですので、あまり期待している方も少ないとかと思います。以前の、斑目しおりプレゼント企画でも、誰からも応募が来なかったですし。
・で、今回は、さとま完全休養宣言をしようと思い、彼らの働くように問いただしたのですが、
00800「このままでは卒業単位数が危ない、オレに留年しろと?」
沢紀洋「ハハハ、今は勉強したい週間なんだよ」
いやいやいや、私もテストがあるんだよ。キミ達、わかってる?
・しばらくまったり運営でいきますよ
 
04/07/06
(00800)
「桃井はるこの現代視覚文化研究会・略してラジオげんしけん」にて、
「げんしけん」の劇中アニメである「くじびきアンバランス」のラジオドラマが来週から始まるらしいです。既出だったかな?
ネットで聴けるので、これは要チェキです。
 
シャア専用ブログさんにて、
アニメ誌早売り情報
を元に、SEED DESTINY情報がまとめてあります
>アスラン・ザラ:ザフトを退役し、オーブに亡命。本名を伏せ、別名を名乗る
>キラ・ヤマト:涙とともに姿を消して久しい

これって、アスラン・ザラ=クワトロ、キラ・ヤマト=アムロってことかな?
おやおや、今度はZガンダムをパクる気ですか?
やっぱりダメダメそうだ…、今回も。インパルスガンダムもなんか微妙だし。
 
・今週のジャンプにて、

ちょっとコレ面白そう。
日本国内だけだとちょっとキツくなってきたからね、この桃鉄シリーズ。今回はそんな不安を一気に振り払うかのようなUSA編。発想がBIGすぎるね。アメリカっつーことは、マップとかすげー広そうだ。全く知らない物件とかあったりして新鮮な感じがするし。

ビル・ゲッツとかいいんですかね…?なんか双方からパクってるのがバレバレなんですけど(笑)
それにしても、ハワイとかどうなるんだろうか…。めちゃくちゃ遠いよ、本土から!目的地とかになったら大変だなこりゃ。しかも冬に行くとなると地獄になりそうだ…。アラスカなんて一年中寒いから、冬でも夏でも赤マスの金額が変わらずに一年中高い、とかだったら面白そう。
アメリカならではのイベントとかいっぱいあるといいんだけど。
これが成功したら、今度はアジア編とか、欧州編とか、アフリカ(…は人気なさそうか)編とか、作って欲しいな〜。それでプレステ3とかになったら全世界編とかでベスト版出したり、全世界言語対応にしてオンライン対戦とかにしたり、それから(ry
・ダメ妄想はこのくらいで自粛しときましょうかね…
・あぁ〜、とにかく誰か友達で買う人いないかな〜。だって、こんなの一人で遊んでてもしかたないし、買った友達ん家でワイワイやるのがベストだよね。それが一番賢い遊び方。それじゃあ今から頑張って布教していきましょうかね…
 
04/07/05
(さとま)
げんしけんの公式HPにて、げんしけんのキャスト情報が更新
>笹原完士:大山鎬則
>高坂真琴:斎賀みつき
>春日部咲:雪野五月
>斑目晴信:檜山修之
>田中総市郎:関智一
>久我山光紀:乃村健次
>大野加奈子:川澄綾子
>笹原恵子:清水香里

斑目が檜山さんですね。さわやか系だ(笑)
さてさて、注目の大野さんは川澄さんですか…。
普通すぎてちょっとガッカリ。正直飽き飽きですよ、川澄さん。雪野さんに、関さんも、ですけど。
まほろさんで「エッチなのはいけないと思います」って言ってたのに、今回は「ホモが嫌いな女子なんていません!」宣言の大野さんを演じるっつーわけですなぁー。
ところで、笹原役の大山鎬則さんって誰?俳優さんですか?え、この人?
 
・アニメイトにて、

金額が2000円ぴったり。
アニメイトさんの場合は1000円毎に1ポイントつくので、毎回計算しながら買い物をしてるんですが、時には数円足りずにやむなく2冊ほど諦めてポイント調整したりすることもしばしばあったり。根が貧乏性なので。で、今回はそんなことする必要がないくらいピッタリで、なんだがほんのりハッピーな気分。あぁー、今日も平和だなぁ〜。
 
・それで、家に帰って戦利品である「ギャラクシーエンジェル 5巻」を読もうとしたところ、何か違和感が…

写真は携帯画像なので少し見にくいですが、本の間に何かはさまってる
それをひっぱってみると、

斑目キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(   ゚)━(   )━(゚   )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
誰のイタズラだ?つーか、店員気付けよ!…しかし、どうするよ、これ?
法律的には「占有離脱物横領罪」にあたると思うんだが…、まぁいいっか(←ヲイ
それにしても、またよりにもよって斑目かよ、

二枚目だし(笑)
 
・ネコババしといてアレですが、二枚もいらないよな、正直な話。
そこで私考えた。余った一枚を誰かにプレゼントしたいと思います。名付けて、
え〜〜〜〜第1回〜〜〜〜〜、「プレゼントとは名ばかりのネコババ共犯者募集」計画〜〜
では、欲しい(共犯者になりたい)方はさとまのアドレスまでご連絡ください。送料の方はご負担願います。

・ところで、今日買った「ギャラクシーエンジェル 5巻」ですが、
夜古本屋に行ったら350円で売られてました…。580円で買ったのに_| ̄|○
買ったその日に古本屋で見つけるのって、とてつもなく悲しひ…・゚・(ノД`)・゚・ 
 
04/07/04(さとま)
・「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R 1〜3巻」購入

・既にご存知の方も多いとは思いますが、本作品は機動戦士ガンダムSEEDの外伝で、キラ達とは違った視点でSEEDの世界を堪能することができます。
・もともと私は作画担当の戸田泰成氏の絵が苦手だったので、今回適当にパラパラ読んでたんですが、下の絵を見たとたん、

惚れたぜ。厳密に言うと、胸に。正直、惚れたさ。戸田泰成氏、マンセー!なんかエロイなぁー
注意してみると、なんか戸田泰成氏の描く女性キャラは全体的にセクスィーなことに気づく。例えば、

まぁ、最後のは少し意味合いが違いますが、やはりすばらしすぎます、先生!
とりあえず、未だ見てない方、一週目はストーリーそっちのけでキャラ絵を御堪能くだされ(←ヲイ
・こんなことばかり書いてきましたが、この漫画は萌えではなく、間違いなく燃えの方です。毎回作画のクオリティが高く、力の入れどころと抜きどころがハッキリわかれていて物語の構成を引き締めています。みていて非常にテンポが良く、テンションが上がってきたところで萌え絵が登場したりして、ホント全体的にバランスがいいですね、この漫画。ずーと読んでると麻薬のようにはまっていきます。なんで今まで戸田泰成氏の漫画をスルーしてたんだろう、と激しく後悔。この絵のマジックは読んでみないとわかりませんね。
・で、この作品は外伝なんですけど、SEEDのキャラも少しは登場します。この二人がそうです

まずは、ラクス嬢。上の3美女トリオと比べてあまり戸田されていません。
瞳が大きいです。わざと描きわけているのでしょうか?
次にダコスタ君。覚えてますか?バルトフェルドの副官の影の薄かった人です。
で、この人、2巻の終わり(砂漠でレセップスが撃破されたあたり)に登場して、
3巻の中盤(エターナル発進した後にキラ達と合流したあたり)で再登場するんですが、その時の彼は

見事にオッサン化します。少しシュワちゃん入ってます。とにかく老けすぎだよ、ダコスタ君。
見るからに声まで変わってそうだ…。
・最後に樹里萌えカットでも、

ええ、胸しか撮ってませんよ。仕様です。
今回は一枚目が自分的ナイス萌えショット。これでリーサルウェポンである縞パンを装備して(ry
二枚目は少し小さめですね。作品内ではこのように多少大きくなったり小さくなったり…。できれば統一して欲すぃかった。
・えー本日は普段より気持ち大きめの画像でお送りいたしました。いかがでしたか?
 
・実は今回何を思ったのか突然に古本を大量に衝動買いしたくなって近所の古本屋を数件ハシゴした後、AMAZON古本市場etcのネットショップの古本を買い漁るという自分史史上初の大暴挙にでてしまいました。ええ、もちろん数千円近く散財しましたさ。しましたともさ。
前々から欲しかった本ばかりだったので特に後悔はしてないです。 …ただ、「封神演義 21巻」が、過去に一度間違えて余分に買ってしまったのにもかかわらず、さらにまた買ってしまったのにはさすがに凹みましたが…。それはいいとして、今回その自分的購入予定リストの中にこの本があったので、ついでに買ってみたというわけです。「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R」の他に、大量に漫画本を買ったので、機会があればまたレビューします。
 
04/07/03
(沢紀洋)
・昨日ゲーセンでこんなのを発見

その名も「水陸両用ズゴックハンド」!
見たところ、グリップ部分に引き金らしいものがあり、パッケージ絵で水のようなもの発射している様子から、
この商品は極めて高い確率で水鉄砲であることが予想されます。なるほど、この辺が水陸両用というわけか…
ということは、トリガーを引けば、気分はメガ粒子砲だネ! これからのシーズン、これを装備すれば、どんな所でも皆の注目の的間違いなし!!さぁ、ひと夏のネタ作りに一ついかがですか?
・さてさて、この商品UFOキャッチャーなんですけど、明らかに獲れそうにないんです。穴も空いてなければヒモもない。段差の無い平らなところに置いてあるこの商品を獲る方法は、純粋に両サイドからつかむしかないようで…。重量オーバーでつかめないだろう、と半分あきらめモードで一回チャレンジしてみようと思い、コインを入れようとしたところ、実はこれ1PLAYが200円でした。高いよ、シャア少佐ぁ〜! 本当なら実際に使用しているところを激写したかったんですが、私にはこれは獲れそうに無いです。残念。
あー、もう、何で最近1PLAY200円のばっかりなんだよー・゚・(ノД`)・゚・ これだから田舎は困るんだー
・現在はキャッシュだけですけど、楽天さんで取り扱っていたようです。
・あと、皆さん、ご安心ください。この商品、ちゃんと

シャア専用もあります。ええ、もちろん通常の3倍の威力で発射します(ウソ
  
04/07/02
(00800)
かってに改蔵が終わってしまう。非常に残念だ。
・発端は、編集部に休載中の作者からFAXが届いた。そこには後2回で永遠休載だと書いてあった。そんな感じの文章が今週のサンデーに載っている。初めはネタとしか思えなかった。あのFAXからは明らかになんらかの伏線を臭わせている。打ち切るとしても、サンデー側は気持ち悪いぐらい協力的でどこか違和感があった。
・確かに、「かってに改蔵 25巻」の巻末からは明らかに連載終了を漂わす文章がいくつか存在する。それに、最近の作品の流れは、羽美と改蔵が付き合い始めたり、秘密の部屋ネタが久しぶりに登場したり、天才塾に代わって秀才塾が台頭してきたり、といった感じで明らかに急展開すぎる感じだ。作者が急ピッチで未消化のネタを消化しているのは間違いないだろう。また、長崎ではリアル羽美が降臨し、某団体から苦情やら抗議やら圧力やらがあったとしてもおかしくない。ここまで条件がそろってくると、連載終了である確率はかなり高いものだと言える。
・ただし、連載は終了するとしてもこれは「打ち切り」なのだろうか。打ち切りではなく、円満終了という可能性も否定できない。何故ならば、改蔵のコミックスは現在全25巻で、数ヵ月後にラストの一冊がでるとして全26巻の予定になり、連載期間は実に6年半にもなる。ギャグ漫画として、さらに週刊漫画として考えたならば、この数字はとても評価できるものでろう。※参考:うすた京介氏「すごいよ!マサルさん」全7巻、古谷実氏「行け!稲中卓球部」全13巻、なにわ小吉氏「王様はロバ」全7巻、etc そうなると、「打ち切りになる」ということをネタにさらに連載を続けていくより、「打ち切りになる」をネタに使って円満終了といった説も十分考えられる。むしろ後者の場合は、自虐的なこの作品にとって最高のハッピーエンドになるのではないかとさえ思える。まさに本作らしい結末であろう。
・最近のコミックスの巻末おまけの「今巻の反省文」でも、久米田氏の疲労というものが文章を通して痛いほど伝わってくる。6年半も続き、ネタが枯渇化してきていることに作者本人も気付いているはずである。そうなれば、編集部に連載終了を伝えて、編集部と協力して最終回を演出しようとする可能性も否定できない。サンデーの中堅であり、そこそこ人気のある久米田氏にとっては十分可能なことではないだろうか。
・本当に打ち切りなるにしても、演出された円満終了になるにしても、連載が終了することはほぼ回避不能であり、全巻買い揃えてきた者として非常に残念でしかたがない。エロネタ→オタクネタ→時事ネタ、といったように、時の流れに因って作品スタイルをかえて、その時代の読者のニーズにあった作品を常に描き続けた久米田氏は、サンデー的隠れたHEROであると断言できる。先生、長い間お疲れ様でした。次回作、とても期待しております!次回はアニメ化目指してファイト!
 
・後半から、書いててわけがわからんようになってきた…。ダラダラと長文スマソ。なんかまとまってないなぁ…。
・実は、連載終了ではなく雑誌移動とかいう線もあるけど、なんかそれは中途半端で気に入らない。続くのは嬉しいけど、ジャンプの島○氏みたいに、ストレス→援交→タイーホってのも嫌だしなぁ。…まぁ、これはこれで祭りになるから面白そうだが。
・とにかく、私が今現在言えることは、なにわ小吉氏の「王様はロバ」は面白いから読んでみて!ってことくいらい(←ヲイ)
 
・ところで、あの唯一神・又吉イエス氏がまた立候補するらしいですね
ココに演説がうpされてます(30MB) 前回よりインパクトは少ないですが
・沢氏、さとま氏みたいなキャプチャ装置がないので、文章ONLYで対抗してみたけど、見にくいね。つーか醜い
それにあんまし面白くないし…。彼らの駄文を期待してた人御免なさい。
クオリティ維持、無理っす。失敗っす。オイラはこれが限界のようっす_| ̄|○
 
04/07/01
(さとま)

・昨日のトリビア(6月30日放送分)はマジで面白かった。久々に良かったよ。まさかまたウルトラマンネタが来るとは…。
今回のトリビアは、「ウルトラマンがラップで歌う歌がある
ではどうぞ、(動画が再生されない方はWindows Media Video 9 VCMをDLしてください)

>ノリノリで屋上で機嫌良く歌うウルトラマン。
>ウルトラマン達には絶賛流行中!(σ・∀・)σゲッツゲッツ〜!
>Let's ダンスィーーング!いつもより余計に踊っております!

>長くなりそう また今度 ワタシは地球に ONE!TWO!3分しかいられない♪
>動きがナイナイの岡村っぽい?(笑) こういう動きは観てて楽しいな
>全体的に帽子率がかなり高かったけど、はっきりいって全然似合ってない
 
・曲のタイトルは「スキャットウルトラマン 〜光り輝く未来へ〜」で、1995年9月に発売。M75星雲では大ヒットしたらしい。
・全編動画でお伝えしたかったです、ホント。容量と著作権の都合上割愛です。
で、今回は結局何へぇ〜だったかというと、

68へぇ〜でした。…意外と普通っぽい?
個人的には確実に80へぇ〜以上なネタだと思ったんですがね。こういうの大好き。もう動きとかが特に。
・某掲示板の「ZDX続編に期待するスレの241以降」がちょっと面白い。良スレage。
ギャラクシーエンジェル 第4期 公式HPリニューアル。番宣ムービー公開。烏丸ちとせってこんな声だったのか…。ちょっと残念。アニマックスGATV中の人は何度か観たことがあったんですけどね。彼女が委員長タイプのツンデレだと全く問題ないんですけどね、いくらミントと声質がかぶっていても。なんて思ったり。ええ、ダメオタ妄想ですけど。
 

(C) PPP-プロジェクト 製作委員会 (C) 00800 / 沢紀洋 / さとま